スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

St. Valentine's Day !




St. Valentine's Day!
  ということで


チョコ2


バレンタインな七宝が出来ました。
銀色のアラザンは、純銀笹吹きです。

4個いりの箱に入れるべく4個作ったのですが

他にも抹茶味色とか
金箔あしらったのとか
レース模様のとか
そんなのも良かったのだけど・・・・

明日ブローチになります。
季節ものって楽しいですね。
スポンサーサイト

群青シリーズ





先日のテストピースなどなどから・・・
新シリーズが出来ました。


11156356_1616712198576888_7726897560379437785_n.jpg


#群青  φ24   素材/七宝・銀箔・金箔・真鍮


「かざる」展あたりから無線七宝をこつこつ作り始め
さらに昨年冬に開催したワークショップのサンプルから広がったこのシリーズ。


「これ・・・すごく綺麗


と感動したのでジュエリーとして更に色々広げようと思っています。
「きれいだから、つけたい」というシンプルな考えで出来たジュエリーです。
そういう気持ちで作るのが好きです。


この海のような夜空のような青は、特に具体的なイメージ無く作ったので
見た人が何かの「青」に見えるか、もしくはただの青色の群れと思うか
それも自由にして欲しいなと思ったので「群青」という名前にしました。

群青は、英語ではウルトラマリンだそうです。すこし水っぽい意味もあるかなと。

七宝という技法は不思議です。
やりなれたと思っていた技法でも、まったく違う表情を見せてくれます。
それに対して打ちのめされたり、喜んだりします。

-------------------------------------

慣れ親しんだアトリエ「岩波1100番」から引越しを始めています。
主人の工房兼ショップにお引越しなのです。

岩波では、私が七宝を作る傍らで

糸鋸でギコギコしてたり
藍染や柿渋で染められた布がはためいていたり
木版の細かさに驚いたり
たまにはみんなでラーメン食べに行ったり


短い間だったけど、
制作の場所をがあり、没頭できる時間を過ごせたことは
ほんとうにありがたかったなあーと。
ここから生まれた作品は本当にたくさんありました。


さみしいです。

今月・来月の出展予定


ひさしくブログを更新しておりませんでした。


毎年恒例のLimachicaが終わってからは


能登島と輪島にいったり
オーダーメイドをこつこつ作ったり
風邪をひいたり
全然治らなかったりしています。


たまにいただくオーダーメイドの御仕事。


大好きです

オーダーについてはまた今度詳しく記事にしてみたいと思います



-----------------------------------------------

○これからの予定○

2e40165c9e9edd959e0c273d37c24b23.png


東北芸術工科大学 学祭

日時:2014年9月20日(土)、21日(日)9:00〜19:00
会場:東北芸術工科大学(山形市上桜田3-4-5)
本館/本館正面広場/能舞台「伝統館」/芸術実習棟/デザイン工学実習棟/ほか
入場:無料(一般参加可)
主催:東北芸術工科大学 芸工祭実行委員会
(HPより転載しています)

誘っていただきまして、卒業生ブースに出展します。
10名を越える大所帯らしい?ので私もかなり楽しみです。

oshiroyama.jpg


よこてお城山クラフトフェア

日時:2014年10月4日(土)・5日(日)
会場:秋田県横手市  横手公園展望台周辺(通称 おしろやま)
時間:10:00~16:00(土曜)
    10:00~15:00(日曜)
入場無料・雨天決行

ガラス作家アベリョウコさんとの共同ブースです。
昨年度も出展したので、今年も出展できて嬉しいです★★


どうぞ遊びに来てくださいね

水で洗うこと。



仙台市さくら野での「毎年、猫年」が終了しました。
ご来場頂いた方、本当にありがとうございます。


猫モチーフ、実は初めてでした。

猫は大好きなんですが、飼ったことがないので
なんとなく作ってはいけないような気がしていたモチーフだったのですが

今回は猫限定イベントということで、シルエットでイラストを描き溜め
たくさんの色でつくりました。


--------------------------------


鉛筆をカッターナイフで削ったり
シャツにアイロンをかけたり
革にオイルを塗り込んだり


使うための準備・・・という作業が好きです。 


七宝の釉薬も、使うまでにひと手間かかります。

通常釉薬は、水とのりを混ぜて使うのですがその釉薬を「洗う」作業があるのです。



お水をいれただけの釉薬。白くにごり、ごみなども浮かんでいます。
このまま使うと白く濁って汚くて、使えません。



何度かお米を研ぐように、水を取り替えながら洗います。
すこしにごりがとれてきました。



使えるまでもうすこしのところまできたところ。水が澄んできました。



きれいになったら、銅板などの胎の上にのせていつものように使います。


ほとんどの釉薬でこの作業をしなければならないので
結構大変ですが、意外とこの少しの手間がすきなのです。

帯留め



制作。
誕生花からデザインふくらませました。
プロフィール

carrie424

Author:carrie424
◎Carrie Hoshikawa

金属や七宝などで手のひらに
おさまるぐらいの作品を作っています。
アトリエCieloにて制作中。





人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。